山梨宝石博物館

Exhibition展示エリア

私たちが住む地球の地下深くでは、今も宝石が生まれ成長を続けています。途方もなく長い年月と、幾重もの偶然によって生み出された奇跡の結晶。そんな貴重な宝石を世界中の宝石産地から集め、原石からジュエリー製品まで幅広く展示しています。

山梨と宝石加工の歴史

山梨は古くから水晶の産地として知られ、明治時代には印材や丸玉などの水晶細工が多く作られるようになりました。戦後、こうした水晶の加工技術を活かしたジュエリーの製造が本格的に始まり、山梨は宝石の研磨、貴金属加工、デザイン、流通といった各工程がすべてそろった、一大ジュエリー産地へと成長していきました。今では、国内で製造されるジュエリー製品の約4分の1が、ここ山梨で作られています。

原石から宝石へ

約50種類の主要宝石を原石、カット石、ジュエリー製品のセットで展示。それぞれを比較して鑑賞することで、煌く宝石が生まれる過程をご覧いただけます。

巨大水晶

展示エリア奥の特設ステージに鎮座する高さ180cm、重さ1,270kgのブラジル産巨大水晶。単体の結晶でここまで大きく、かつ色が白く美しいものは世界的に見ても貴重です。

匠の技

地中から掘り出された原石は、高度な技術を持った職人の手によって加工され、美しく輝きます。ドイツの宝石カット職人・ムーンシュタイナーや、山梨の宝石彫刻家・宅間正一など、名工達の作品をお楽しみいただけます。

希少鉱物

日本式双晶の産地として世界的に知られる山梨の乙女鉱山で採掘された水晶や、アメシストと白水晶のセプタークォーツ(マダガスカル産)など、歴史的、鉱物学的に価値の高い貴重な標本を多数展示しています。